日常生活でのダイエットと新陳代謝

日常生活ではどうしても太ってしまうという悩みを抱えます。とくに女性は悩みますが、最近は男性もメタボということでの病気などが話題になるので、メタボ予防のダイエットを気にするようになっています。若い人の場合には基礎代謝が高いので生活をしていても、そのままエネルギーを消費できます。しかし年齢が増してくると基礎代謝の力が衰えてくるので、同じ生活をしていてもカロリーが減りません。それで太ってしまうということになります。そして代謝を落としてしまう生活習慣もあります。そうなるとダイエットをしてもなかなか痩せないということにもなります。ですのでエネルギーの燃焼を妨げる原因を理解して、それを避ける必要があるわけです。

年齢もそのひとつですが他にもいくつかあります。以外なのが睡眠時間ですが、睡眠時間を減らすと眠いので行動量が少なくなります。それでエネルギーを使うことが少なくなり、代謝も低くなります。そのほか昼夜逆転の生活でも同じです。仕事などでも同じ姿勢を20分以上続けていると代謝が落ちるので、体を動かすことが必要になります。食べ物でも農薬の中に代謝を落とす働きをするものがあるようで、食べ物も気をつける必要があります。また、小食になると体が省エネ状態になるので、代謝も下がることになります。

近頃良く聞くこのネタ、整理されている下記のサイトをチェックしてください

Copyright (C)2017充実した生活を過ごすためのポイントを考える.All rights reserved.