もしかしたらトイレより汚い生活

トイレを綺麗にしておくと自分も綺麗になるといわれたことや聞いたことがある方もいるでしょう。狭い空間ですのでばい菌は溜まりがちになります。排泄物には例えば感染力の強い胃腸炎などでは一か月ほどばい菌が混じって出るそうですから、ドアノブや壁なども除菌シートで綺麗にする心がけが必要です。接触感染で家族みんなが病気になる恐れもあります。

しかし、夏場はもしかするとトイレよりも雑菌が繁殖しているところで知らず知らず生活を送っているかもしれません。というのも、夜は暑くて寝苦しくなり大量に汗をかいています。枕や布団、シーツには汗や湿気が溜まります。毎日干して洗濯をしていれば問題ありませんがシーツの付け替えが面倒で手抜きをしているとトイレよりも不潔になります。

また台所で使っている食器洗いのスポンジもしっかり乾燥させておかないと夜間のうちになんと便座よりも汚くなるそうです。それを抑えるには、レモン水をスポンジに染み込ませてレンジで1分以上チンするだけで良いそうです。ひと手間の除菌処理を毎日行うことでカビやばい菌とは無縁の生活を送ることができます。特に赤ちゃんがいる家庭では、アレルギーにならないように清潔を心がけましょう。

近頃良く聞くこのネタ、整理されている下記のサイトをチェックしてください

Copyright (C)2017充実した生活を過ごすためのポイントを考える.All rights reserved.