生活から出るごみで嫌なにおいを防ぐ

生活をするとき、不快感を出すものとしてにおいがあります。においは時に、危険を知らせてくれる信号になることもあります。ですから、あまり嫌がりすぎるのは良くありません。でも、日常的に出てくるものは、防ぐことができれば助かります。不快感を少なくできるので、その分快適さを増すことが可能です。においの原因を知っておくとよいでしょう。

家の中で嫌なにおいといえば、ごみのにおい、洗濯物の生乾きのにおいがあります。どちらにも共通しているのは、細菌が繁殖していることです。気温と湿度が高くなると、最近の繁殖が増え、分解されます。その時に嫌なにおいが出ることがあります。最も良いのは、気温と湿度をコントロールすることです。しかし、空調設備を使うとかなりの電気代になります。

においは、発生することがありますが、消すこともできます。においを消すとき、物理的にその成分を無くす方法があります。炭などを使うと、においが炭に吸着してくれます。そのほかに、においの成分と結びつきの強いものを利用することがあります。生活から出るごみであるお茶殻、コーヒーのかすなどは、においと結びつきやすい性質があります。においが出そうなところにふりかけておくと、においを抑えられます。

近頃良く聞くこのネタ、整理されている下記のサイトをチェックしてください

Copyright (C)2017充実した生活を過ごすためのポイントを考える.All rights reserved.